不快なユーザがいるときの対処として有効なブロック機能。ブロック機能を使うとコメントやメッセージ、相手への表示はどうなるのか?また、ブロック解除時にはどうなるのかをまとめました。

ブロックしたい!でもブロックするとどうなる?

ビジネスウーマン 考える

不快なユーザを今すぐブロックしたい!という人も多いと思います。まずはブロックするとどうなるのか、その内容を見ていきましょう。

  1. ブロック指定したユーザをフォローからはずれ、相手のフォローリストからも自分が除外される。(双方のフォロー解除)
  2. ブロック指定したユーザから自分の投稿が見られないようになる。
  3. ブロック指定したユーザからのフォローを自動で拒否する。
  4. ブロック指定したユーザからのダイレクトメッセージを自動で無視する。
  5. ブロック指定したユーザが自分を検索できないようにする(検索結果に表示されないようにする)
  6. ブロック指定したユーザが自分の投稿に対して書いたコメント、いいねが表示されなくなる。

▪インスタグラム公式サイトのQ&A

利用者をブロックした場合、その人からの「いいね!」とコメントは私の写真や動画から削除されますか。

→利用者をブロックすると、その人からの「いいね!」やコメントは写真や動画から削除されます。

引用:Instagramヘルプ

ブロックした相手からはどう見える?

インスタ 

ブロックされた側は、ブロックした側の投稿、コメント欄を見ることはできません。ブロックされた側には次のように対処されます。

  1. フォローしていたはずの相手が勝手にフォローから外れる
  2. 相手のプロフィールを見ると〝投稿はありません〟と表示されるようになる。
  3. 〝フォローする〟をタップすると一瞬〝フォロー中〟に切り替わるが、すぐに〝フォローする〟(未フォロー)状態に戻る。
  4. ダイレクトメッセージを送っても相手から〝既読〟がつかない。※
  5. 他の人から(別アカウントから)は投稿が表示されても自分のアカウントからは相手の投稿を見ることができなくなる。
  6. 相手の写真のハッシュタグを検索できなくなる(検索しても表示されない)
  7. 相手のアカウントを検索できなくなる(検索しても表示されない)

※ブロックされている間もメッセージを送ることは可能ですが、〝保留〟の状態となります。ブロックされている間は相手にはメッセージ受信の通知も届きません。

他のフォロワーからは気づかれる?

instagrama ブロック

コメントからはブロックした人のコメントがすべての投稿で表示されなくなるため、過去の投稿を見返した場合コメント欄でのやり取りが、ちぐはぐになる可能性があります。過去の投稿に対するコメントをしょっちゅう見返す人であればブロックしたことに気づく可能性はあります。

一度ブロックしたらコメント・いいねは消去される?

削除

ブロックすると、指定した相手の書き込んだコメントやいいねはすべて表示されなくなるものの、データ自体はすべて保存されています。なので、もしその相手のブロックを解除した場合には以前のコメントはすべて復活します。(ただし、いいねは削除されます。

自分のコメントは相手側で消去される?

女性2

ブロックすると、自分の投稿に対してブロックした相手が書き込んだコメントやいいねは表示されなくなりますが、相手側の投稿に自分が書き込んだコメントやいいねはそのまま表示されます。(ブロックのアクションを行ったことで自分の残したコメントが相手の投稿から消えるということはありません。)

ブロック機能に備わっている配慮とは

Instagramに限らず、ほとんどのSNSではネガティブなアクション(コメントの削除、いいねの取り消し、ブロックなど)については通知を行わない仕様になっています。

これはネガティブなアクションを通知することでユーザになんのメリットもないと考えられている(むしろマイナスの効果がある)と考えられているからです。ブロック解除した際にコメントを復活させるという機能も、ブロックされていた側を不快にさせないための配慮と考えられますね。

ただ、ブロック機能が有効になっている間は、ブロックされている側には〝不快感を与えることなく〟コミュニケーション機能がすべてブロックされることから、ブロックされていることに気づかない人も多くいます。そのような相手から直接次のような事を言われた時には墓穴を掘ってしまわないよう、返答に注意が必要です。

  1. ダイレクトメッセージ送ってるけど見てる?と言われた時
  2. 投稿を消したんだね、と言われた時
  3. フォローできないんだけれどなんで?と聞かれた時

さすがに〝あなたをブロックしているから〟とは言えないですね(笑)ちなみに、ブロック中に送信されたダイレクトメッセージはブロックを解除したときにまとめて届きます。ブロック中の相手からメッセージが届いているかを確認したい時には時々ブロックを解除すると確認することができます。その他の問題を避けるには次の方法が有効です。

さりげなくブロックする方法

インスタ01

前述の通り、ブロックすると、された側のアクションはかなり制限されます。もしもブロックするのに抵抗がある、普段顔を合わす仲なのでブロックするのは気まずい、というような場合には次の方法で相手のアカウントを除外した後で非公開設定にすることで双方にストレスなく不快なアカウントを除外することができます。

  1. ブロックしたい相手を一度ブロックする(相手のプロフィール>>ユーザーをブロックをタップ)※
  2. 自分のアカウントを非公開に設定する(>>>非公開アカウントをONに設定)
  3. ブロックした相手のブロックを解除(相手のプロフィール>>ブロックを解除するをタップ)

SNSでの非公開設定は不快なユーザやコメントを制限する目的以外にも、

  • 社内や学校内の悪い噂や愚痴を公開しないために自主的にSNS非公開設定することを勧めている場合がある。
  • 日常的に個人情報を公開することはよくないと思い、SNSへの投稿はすべて非公開にしている。
  • 特定のグループでのみの情報交換用アカウントとして使用している。
  • 写真記録用アカウント(クラウド代わり)に非公開アカウントを設けている。

など、様々な理由で使用される機能でもあるので、ブロックする機能と比較すると、特定の人を除外するという意図に限定されないことから、ブロックのニュアンスとしてはソフトになるという利点があります。

コメント・いいねのつかない投稿機能を利用する

instagram-stories

いちいちコメントで煩わしい思いをしたくないという人には最近リリースされたInstagram Storiesがおすすめです。コメントやいいねなどの機能はなく、さらに投稿したものは24時間で自動的に消去されます。通常の投稿よりも気楽に投稿できるのが魅力の新機能ですね。

Storiesに写真や動画をシェアする方法

  1. 画面左上の をタップするか、フィード内で左にスワイプします。
  2. 画面の一番下にある をタップして写真を撮影するか、タップして長押しして動画を録画します。携帯電話から最近の写真や動画をアップロードするには、画面を下にスワイプしてシェアするものを選択します。
  3. や をタップしてストーリーにテキストを追加したり、絵を描いたりできます。[元に戻す]をタップすると効果が削除され、[完了]をタップすると保存されます。
  4. [キャンセル]をタップすると写真や動画が破棄され、 をタップすると携帯電話に保存されます。完了したら をタップしてストーリーにシェアします。

引用:Instagramヘルプ

まとめ

不快な書き込みをする人に対してもブロックは有効ですが、しょちゅう顔を合わせる人の場合には気まずいこともありますね。Instagramをはじめ他のSNSでもコミュニケーションに関するトラブルに対してはかなり配慮されていますが、ブロック機能を使う以外にも上記で紹介した〝非公開〟設定をつかったり、裏アカウントを作成する方法、コメントやいいねのつかない投稿(ストーリーズ)を利用するなどの方法も快適にInstagramを使うための手助けになるかもしれません。

この記事と一緒によく読まれる記事