うっかりコメントを消してしまう、という事はよくあります。逆に消したいコメントが消えない、コメントを受け取るフォロワーを限定したいといったことも度々あります。今回はそのような場合にInstagramを快適に使用できるようにするための方法をまとめました。

 この記事と一緒によく読まれる記事 

▶︎iPhone/アンドロイド編!インスタグラム(Instagram)コメント返信方法

コメント削除/復活の方法

まずは削除の方法をみていきましょう。

自分の投稿では、自分のコメントや他の人のコメントを削除できます。他の人の投稿では、自分が残したコメントのみ削除できます。

コメントを削除する方法

iOS

  1. 写真の下にある をタップします。
  2. 削除するコメントを左にスワイプします。
  3. をタップします。

Androidの場合

  1. 写真の下のをタップします。
  2. 削除するコメントをタップします。複数のコメントをまとめて削除したい場合、複数のコメントをタップできます。
  3. 画面上部の をタップします。

引用:Instagramヘルプ

削除したコメントを戻す方法

上記の削除の動作をすると、次のような表示があらわれます。
写真 2016-08-30 15 41 26

この表示が出ている間は削除の動作を取り消しでコメントを元にもどすことが可能です。

※表示は一時的(5秒程度)にしか表示されないため、この表示がなくなった後はコメントをもどすことはできません。

コメントの削除は相手に通知される?

コメントの削除の動作に対してはアクティビティにカウントされません。つまり相手にも自分にも記録として残ることはありません。

コメントが削除できない場合

コメントが削除できないというエラーメッセージが繰り返し届く場合、システムですでにそのコメントを削除している可能性があります。「キャッシュされた」(古い)バージョンのページを閲覧しているため、コメントが表示され続けることがあります。この問題については弊社ですでに認識しており、現在、解決に向けて作業しています。

削除できるのは、写真に対するあなたのコメントか、あなたの写真へのコメントのみです。自分のものではない写真に対する他の人のコメントは削除できません

引用:Instagramヘルプ

コメントを受け取る相手を限定したい時

instagram01

特定の人からのコメントを受け付けたくない場合や、限定したメンバーからのみコメントを受け取りたい場合の対処としてはいくつかの方法があります。

1.アカウントを非公開に設定する

非公開設定にすることで、自分をフォローしている人からのみコメントを受け取ることができます。非公開前のフォロワーは設定後もフォロワーとして引き継がれます。非公開設定後にフォロワーが増える際にはアクティビティリストにフォローリクエストが届きます。このリクエストに対して〝承認・無視〟を選択することで自分の投稿に対して閲覧を許可する人を限定することができます。

Instagramアプリから投稿を非公開に設定する方法

iPhone、Windows Phoneの場合
  1. をタップしてプロフィールに移動します。
  2. をタップします。
  3. [非公開アカウント]設定をオンにします。
Androidの場合
  1. をタップしてプロフィールに移動します。
  2. をタップします。
  3. [非公開アカウント]設定をオンにします。

引用:Instagramヘルプ

2.特定の相手をブロックする

コメントを受け取りたくない相手をブロックすると、相手から自分の投稿の閲覧ができなくなり、コメントをすることもできなくなります。

利用者をブロックする方法

  1. ユーザーネームをタップしてプロフィールを開きます。
  2. (iPhone/iPadの場合)または (Androidの場合)をタップします。
  3. [ユーザーをブロックする]をタップします。

ブロックを解除するには、上記の1~2の手順に従った後で[ブロックを解除する]をタップします。

利用者をブロックしても、その人には通知されません。

引用:Instagramヘルプ

ブロック/非公開の表示の違い

  • ブロックしている場合→相手側からは〝写真または動画はまだありません〟と表示される。
  • 非公開にしている場合→相手側からは〝このアカウントは非公開です〟と表示される。

さりげなくブロックするには?

インスタ ブロック

ブロック設定は便利ですが、これまで相手に表示されていた自分の投稿がすべて〝ありません〟という表示になるのには少々不自然さがあります。(あなたはブロックされています、と表示されるよりは表現としてソフトですが)

ブロック設定について多少知識がある人ならば、自分がブロックされたと気づくこともあるでしょう。

そのような場合の対策としては特定の人物をフォロワーから除外した上で、一時的にアカウントを非公開設定にする方法がオススメです。非公開設定では全体的に公開を制限している、というニュアンスが強くなることから、特定の人が気分を害するという心配はありません。

さりげなくブロックする方法

  1. ブロックしたい相手をブロックする(相手のプロフィール>>ユーザーをブロックをタップ)※
  2. 自分のアカウントを非公開に設定する(>>>非公開アカウントをONに設定)
  3. ブロックした相手のブロックを解除(相手のプロフィール>>ブロックを解除するをタップ)

※注意:非公開設定にする対処のみの場合には既存のフォロワーはそのまま引き継がれます。特定のフォロワーを除外する場合にはブロックすることでフォロワーから除外されます。非公開に設定した後にブロックを解除することで相手には〝このアカウントは非公開です〟という表示がでるようになります。

まとめ

Instagramでは5秒程度とはいえ〝削除したコメントを復元〟する機能が用意されていることは結構ありがたいですね。(twitterでは一度削除したら復活させることはできません)

ブロックの方法についてはなかなかデリケートな問題ですが、メインアカウントでの対処が難しい場合には裏アカウントを新たに作成するという方法も有効です。Instagramは日常の断片を記録して共有する場でもあるので、できるだけ快適に使用したいものですね。

 この記事と一緒によく読まれる記事 

▶︎iPhone/アンドロイド編!インスタグラム(Instagram)コメント返信方法